超絶インドのカルタール。アサラトの次はコレ! | Tremendous Indian Khartal, next of Asalato

2018年7月12日木曜日

Khartal Music Travel

t f B! P L
数年前にインドのプシュカルという、西インドの砂漠の街へ旅しました。



インドで多くの人が信仰するヒンドゥ教には、三大神「ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ」という偉い神様たち三人がいるのですが、それぞれ「創造、維持、破壊」の役割をもっています。

でも不思議なことに、ヴィシュヌとシヴァを祀った寺院はインドのそこら中、おそらく何千、何万とあるのですが、ブラフマーを祀った寺院はあの広い広いインドの中で、なんと6つしかありません。

自分の娘に入れ込むプシュカルの神様

なぜ6つしかないのか、また、なぜブラフマーを信奉する人が少ないのか、いろいろな説があります。

ブラフマーは「God of creation」で、宇宙をつくり、神、悪魔、人間も自分自身の身体からつくったすべての源なので、相当尊敬されても良いはずなのですが、、、

伝説のうちのひとつが

ブラフマー自身がある日つくった女神(シャタルパ Satarupa、サラスワティ Saraswati、その他多数の変形/変名あり)があまりにも魅力的だったので、ブラフマーは女神がどこに出掛けていても覗けるよう、もともと4つ持っていた首にプラスして、覗き用の5つ目の首で女神をいつでもどこでも監視していたそうです。

自分自身がつくった、いわば娘でもある女神に惚れ込む情けない様子を見た破壊神シヴァが、5つ目の首を切ってしまいました。

そんな不甲斐ない神様なのであまり尊敬されず、信奉者が少ない、という説。

プシュカルに集まる人々

そんな情けない神様の、たった6つしかない寺院のうち、いちばん伝統があり格式高いブラフマー寺院があるのが、このラジャスタン州のプシュカルという砂漠の中の小さな街なんです。

プシュカルは、そんなありがたい(?)寺院にお参りに来るインド人観光客が来る街であり

砂漠のキャンプに住むジプシーたちのダンス、カルベリアダンスを習える街であり

もう少し南にある、観光地ゴアで楽しんだヒッピーが、帰国のためのフライトが出る大都市デリーまでの旅の途中の中継地に使う街でもあります。

また、ヒッピーたちとインド人の間で行われる、海外で売るための服の縫製やアクセサリーの買い付けビジネスがさかんな街でもあります。

そのため、テイラーや卸し専門のお店がたくさんあって、外国人向けのデザインの服がどこよりも安いです。


毎日夕日を見に、人(と牛)が集まってました

カルタールってなに?

そんな人々を横目に、プシュカルで私が出会ったのがカルタール Khartal
ジプシーのカスタネットです。

ダンスや音楽が大好きなジプシーたちが、インドを出てヨーロッパ方面に北上してロマと呼ばれるようになったのですが。

そのジプシーのダンスと音楽がスペインまでたどり着いて、フラメンコができたそうです。

カルタールはフラメンコカスタネットの源流でもあるんです!

そんな壮大でロマンティックなストーリーは
この映画『ラッチョ・ドローム』を観るとよく分かります↓↓↓


ジプシーのカスタネット、カルタール

ジプシーからカルベリアダンスを習っている、イスラエルから来た友人マリナが持っていたのがこのカルタールでした。
触らせてもらってから、どハマリ。

両手を使って、指で微妙にコントロールするところや
自分のリズムがそのまま指先から表現できるところが、まさにタブラと同じでした!


ジプシーから入手したカルタール。左が私の、右がTamangohの ただの板きれ2枚をそれぞれ両手に持って操る、シンプルかつ美しい、難しい楽器なんです。


これを道端のチャイ屋さんで鳴らしていたら

ダンスの仕事でインドに来ていた、ニューヨークで著名なタップダンサーTamangohが、同じようにカルタールを鳴らしながら歩いてきて意気投合、という出会いもありました。

Don't Worry, Be Happy」のBobby McFerrinとTamangohのタップダンス



Tamangoh @Pushkar

日本で唯一のカルタール奏者?

身体表現的にリズムを扱う、ダンサー、特にタップダンサー、パーカッショニストでこのカルタールを嫌いな人はいないと思います!

インド音楽でも、ポップスでもJazzでもなんでもセッションできる、ポータブルパーカッション。

別のNYの友人が、khartal.comという美しいカルタールブランドを立ち上げたり、近日中にアサラト並に世界中で流行ります、これ。

いまのところ、日本でカルタールを演奏できる人に会ったことがないので、私が日本で唯一のカルタール奏者です(笑)

歌ものとも合います。

人類史上初、台湾製カルタール

台湾にアーティスト・イン・レジデンスでミュージシャンとして招聘されたとき
台湾の木を使って自作・カルタールを作ってもらった 作りました。
(木はさすがに切ってもらいました笑、磨くのは自分で)

@Dream community, Taipei
台北のドリームコミュニティ

日本でカルタールを!

このカルタール、素材の木によってまったく音が変わります。

私がプシュカルのジプシーから入手したのは、タブラのボディにも使われる、インディアン・ローズウッド(インドではシーシャムと言います)。

硬くて丈夫な木なので、カーンとした高音が鳴ります。

一方、Tamangohのものはジョドプールという街の別のジプシーが作った、もっと柔らかい木でできたもの。中域のより温かい音。

このカルタールを、日本の硬い高級木材で作ったらどうなるのか、、、
たとえば黒壇なんか。

日本の木でカルタールブランドを作る、っていうのはやりたいプロジェクトのひとつです。

もちろんタブラとのフリーセッションも自由自在~

インドのステージでインド古典音楽のフルート、バンスリと演奏しました。



QooQ